12/10 金曜日

起床2時、いつも通り。
親が死んでも出来る事なんて見送ってやる事だけしか出来ないんです。
誰もがそうですが、この世に親のいない人はいませんから、ほとんどの方が経験する事だと思います。
なんだかんだ言ってもしばらくは自分の中で葛藤はあると思います。

朝の戻りは8時過ぎ、今日も猫君が待ってました。
もう写真は撮ってませんが、以前より距離は近くまで来るようになりました。
本当に寒くなって来たから心配もしてしまいます。
そういえば、今朝は車の下に入っているのを確認しました。
エンジンルームとかに入らないようにしてもらわないとです。
事故が起きてしまいますからね。

朝飯は今日は妻が午前からの出勤でしたから、昨晩作った八宝菜(妻作)をお弁当に入れてますから、残りを朝飯で食べます。
ブリ大根、卵ご飯、これに亜麻仁油をたっぷりかけて。

とにかく仮眠とって、やることやらないといけません。

夕方、トライアルに買い物に出ました。
貼るミニカイロ60枚入り、コーヒー3袋、みかん、リンゴ1個、キムチ、納豆、炭酸水1LX2本を購入。

帰宅して晩飯作ります。
米を2合洗って、押し麦を1パック入れて、19時40分に予約セット。
結構おかずはあるので、スープだけ仕込みます。
1210 晩飯.jpg
鶏スペアリブを土鍋で水炊きします。マイタケも追加で入れています。

手羽元とかの方が安いんですけど、スペアリブの方が美味しいです。
骨付きの鶏肉をスープにするのは栄養面優れているのです。骨の中の成分出て来ますから、とろ火でじっくり時間かけて煮るのです。


20分程炊いてから、
アブラナ科の野菜のスープが非常に身体に良いので、キャベツを刻んで入れます。
トマト、春菊と結構余ってる野菜があるので後から入れていきます。
1210 野菜スープ.jpg

野菜ってサラダでは本当に栄養が取れない食材なのです。
煮る事が非常に吸収をよくして、煮汁(スープ)を飲むのが最強です。
我が家で毎日のように食べてる理由です。


https://www.youtube.com/watch?v=MXTjg5l5Mo4
コロナ対策の抗酸化食品「野菜スープ」/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士)

犬房先生の動画ですが、前田先生の野菜スープの本を紹介した動画です。

熊本大学名誉教授である前田先生は癌の研究を相当された方です。
抗酸化力という事実に着目して、晩年は野菜スープの研究で3冊の本を書かれています。


コロナもインフルエンザも抗酸化力の低下が招く、老化もしかりです。

よく「野菜食べなきゃ」なんて言いますし、言われますが、野菜って煮て食べないと本来の栄養素の吸収がなかなか出来ないのです。


これは味噌汁にも応用出来る事で、具沢山の味噌汁は身体にいいのはこういう理由なのです。

本日もありがとうございました。

ご縁あった方々、訪れてくれる方々が日々幸せでありますように。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック