ワクチン接種により、免疫低下から梅毒が復活。本質には触れないマスコミ。

急増する梅毒、梅毒の流行はガンのサイン
https://ameblo.jp/aino-muchi/entry-12785974900.html

Screenshot 2023-01-25 at 10-44-06 『急増する梅毒、梅毒の流行はガンのサイン【閲覧注意】』.png


梅毒の流行は、
癌のサインである。
.
コロナワクチンの免疫低下による「帯状疱疹、口腔カンジダ、梅毒などの増加」。それは、体内で異常な増殖をする『がん細胞』も殺せないことを意味します。名古屋大・小島勢二名誉教授https://t.co/I45mziqVb1 pic.twitter.com/QxqZhjBQPY
— Laughing Man (@jhmdrei) January 24, 2023


梅毒は、日本では1990年代以降の患者数は年間1000人を下回っていました。しかし、2013年、梅毒の患者数は1200人を超え、その後、年々増加しています。2015年は2690人、2016年は4575人と、ここ数年で爆発的に増えています。

梅毒の感染経路となる性的接触には、普通の性器の接触による性交だけでなく、オーラルセックスやアナルセックスなど、性的な接触すべてが含まれ、粘膜や皮膚から感染します。特殊な状況での感染だけでなく、日常生活の性的行動で誰でも感染する可能性があります。



さらに、妊婦が感染している場合は胎盤を介して母子感染し、胎児にも影響を及ぼします。母体が無治療の場合、40%は流産や死産となり、生まれた場合も、梅毒感染による障害が見られ、これは先天梅毒と呼ばれます。障害の程度は、感染の期間によって異なります。

梅毒の感染を防ぐためには、不特定多数の人との性交渉はしないことや、コンドームを使用することなどが大切です。



梅毒は、症状が現れたり消えたりを繰り返しながら徐々に全身を侵していく感染症です。症状がいったん消えるため、見逃されやすく、さらに感染を広げてしまう危険性が大きいといえます。



経過は第1期から第4期に分けられます。梅毒は感染してすぐには症状が現れません。感染後、3週間前後で最初の症状が現れてきます。これが第1期で、感染が起きた局所にしこりや潰瘍などが現れます。第1期の症状は、治療をしなくても数週間で消えてしまいます。

感染から3か月ほど経つと新たな症状が現れ、第2期となります。第2期では、全身に赤い発疹が出たり、性器や肛門に扁平(へんぺい)コンジローマと呼ばれる平らなできものが現れます。第2期の症状も、治療をしなくても数週間で再び消えます。

感染から3年ほど経過すると、新たな症状が現れ、第3期となります。第3期では、結節やゴム腫と呼ばれる、ゴムのような柔らかいできものが、皮膚や筋肉、骨などにできます。

さらに進行すると第4期になります。第4期まで進行すると、血管や神経が侵され、動脈りゅう、大動脈炎、進行まひ、脊髄ろうなどの深刻な症状が現れ、日常生活にも支障を来すことがあります。進行まひは、中枢神経系が侵され、記憶力の低下や性格の変化が起こり、進行してまひを起こすもので、脊髄ろうは、脊髄が侵されて痛みや運動失調が起こるものです。





ワクチン接種により、免疫低下から梅毒が復活。本質には触れないマスゴミ。

キスなどで感染することも…性感染症『梅毒』の感染者が急増中 医師「不特定多数の人と性交しないのが一番」(東海テレビ) https://t.co/eR37iCYSM5
— ポイズン(毒ニキ) (@haitatu1234567) January 19, 2023


http://www.newage3.net/2022/11/01/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%85%8D%E7%96%AB%E4%BD%8E%E4%B8%8B-%E6%A2%85%E6%AF%92%E5%A2%97%E5%8A%A0%ef%bf%bc/
ワクチン接種により、免疫低下から梅毒が復活

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック